2021年06月09日

車輪の振れ2

客車用のスポーク輪軸を50本試作しました。
前回は組み立て途中の物を1本だけ測定してみましたが、完成品のサンプルを10本にして測定しました。
測定器の最小目盛は2μmですが、5μm単位で測定しています。
測定.jpg本来はピボットの先端で受けるのでしょうけど、都合により、軸の片側を旋盤のコレットでチャッキングし、反対側は芯押し台に付けたコレットにボールベアリングを取り付けてピボットの斜めの部分を押しています。

 面振れ(μm)芯振れ(μm)
 絶縁車輪導通車輪絶縁車輪導通車輪
平均24293935
最大40456050
最小5101010
芯振れの方が大きいのが意外でした。
今回は、輪芯をタイヤに圧入後、軸穴にリーマを通しただけなのですが、一旦旋盤のバイトで軸穴を旋削した後にリーマを通すべきかもしれません。
この程度の振れでは、脱線することはないと思いますが、もう少し精度を上げたいと思います。
タグ:測定 車輪 輪軸
posted by よしひろ at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 輪軸

2021年06月02日

車輪の振れ

客車用の輪軸を試作中なのですが、どの程度の精度で組み立てられたか確認してみました。
比較として車輪メーカ製の車輪の振れ精度も測定してみました。
車輪メーカ製の車輪の面振れは20μm前後、車輪の芯振れも20μm程度でした。
今回試作の車輪の面振れは20μm強、車輪の芯振れは20μm程度でした。
車輪の芯振れに関しては、旋盤のチャックの振れも加わっているので実際にはもう少し小さいのかもしれません。
試作品の振れは10μm以下にしたいところなのですが、車輪メーカ品と大差がないので、まあ、これで良しとしたいと思います。
posted by よしひろ at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 輪軸

2021年05月13日

Sergentカプラー2

Sergentカプラーを組み立てました。
sergentカプラー.jpg
Sergentカプラーに黒めっきを行った上で、組み立てた後、Accurailのカプラーポケットに組み込みました。
Sergentカプラーの組み立て治具は購入したのですが、全く使うことなく組み立てができました。
部品が細かいので、老眼の私には拡大鏡無しでは組み立てられません。
細かいバリが付いている物もあり、ちゃんと処理しておかないと連結・解放動作が不安定になります。
機関車用.jpg
 機関車用のSergentカプラーは、IMONカプラーの蒸機フロントビーム用カプラーポケットに入れました。
こちらも、黒めっきを行った後に組み立てています。
手前が解放、奥が連結時の状態です。
posted by よしひろ at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 部品

2021年05月09日

黒ニッケルめっき

素人で扱えるめっき用品で黒ニッケルめっきを施してみました。
使用したのは、PROMEXのめっき装置とめっき工房の黒ニッケルめっき液です。
めっき工房の黒ニッケルは本来の使い方ではなく、ビーカにめっき液を入れて、PROMEXのめっき装置の電源でめっきしています。
写真の通り、めっき工房の黒ニッケルの方が濃い色にめっきされました。
黒めっき.jpg
タグ:めっき
posted by よしひろ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 部品

2021年05月07日

Sergentカプラー

しょうなんでんしゃのブログにSharon式自動連結器の話が出ていましたが、SergentEngineeringから発売されているSharon式の連結器を取り寄せてみました。
この連結器は、実物の連結器のように動作します。
中に組み込まれた鉄球が重力で降りることで、ナックルが固定され、連結器の上に磁石を置くと、鉄球が上がり、連結を解放できます。
この連結器は、既に特許は切れており、3Dのデータが公開され、自由に複製を作って販売することが許可されています。
しかしながら、新規に作るよりも、既製品を購入した方が楽なので、入手は面倒ですが購入してみました。
Sergentカプラー.jpg
手間はかかりましたが、何とか入手できました。
パッケージは以前とは変わりませんが、今回のものには組立説明書は入っていませんでした。
 sergentカプラー1.jpg
 基本的に未組立で、4つの部品から構成されています。
(写真では連結器本体の中に鉄球が入っています)
 Sergentカプラー2.jpg
組み立てた状態です。
専用のカプラーポケットは販売されておらず、この製品ですと、Accurailのカプラーポケット(Scale Size Draft Gear without Couplers)を使用するようになっていますが現在メーカ品切れです。
その他、Kadee #5で使用されているタイプのカプラーポケットが使用できるものもあります。
 Sergentカプラー3.jpg
 10年以上前に入手したSergentカプラー(Sharon式ではない)と繋いでみました。
以前のものは黒く染められていましたが、今回のものはダイキャストの肌そのままです。
タグ:連結器
posted by よしひろ at 15:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 部品

2021年04月26日

ドリルチャック

ねじを切ろうとして、手動のドリルにタップを咥えて回したら、大きく振れていました。
チャック.jpgチャックを確認したところ、均等に締まっていません。
余っていたユキワのチャックに変えたら、振れはほとんど無くなりました。
手回しでも、ある程度精度の出るチャックを使わないとだめですね。
posted by よしひろ at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 工具

2021年04月23日

半田付けフラックス

これまで半田付けのフラックスは塩化亜鉛を使用することが多いのですが、稲葉さんがりん酸を使用されているとのことです。
以前に錆取り剤(成分:りん酸、界面活性剤)を使ってみたことがあるのですが、この時はあまり良いとは思えませんでした。
今回、りん酸の試薬を入手することができましたので、フラックスとして使用してみました。
半田付け.jpg写真は、エッチングで作った2軸台車のボルスタを半田付けで組み立てたものですが、上がりん酸をフラックスとして使用した場合、下が塩化亜鉛を使用した場合です。
りん酸を使用した場合、熱を加えると黒く変色するようです。
半田の流れ易さは、そんなに違わないように思えました。
りん酸試薬の原液は、ちょっとどろっとしていますが、塩化亜鉛飽和水溶液ほど粘りけはありません。
最初はりん酸原液で使ってみましたが、半田こて先の半田のつやが無くなり、半田がこて先に乗りにくくなりました。
水で2倍位に薄めたところ、半田こて先は普通の状態で使えるようになりました。
また、水で薄めた方が半田の流れが少し良くなった気がします。
りん酸をちょっと使っただけなので、塩化亜鉛とりん酸のどっちが良いかは何とも言えません。
塩化亜鉛ですと、熱を加えていると塩化亜鉛水溶液の水分が飛んで固体が付着しますし、りん酸は上記の通り黒く変色してしまいます。
タグ:フラックス
posted by よしひろ at 22:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 半田付け

2021年03月20日

客車の惰行確認

運転会に線路と客車を持って行ったので、惰行の確認を行いました。
線路が短すぎて、惰行が終わるところまで確認できませんでした。
話し声が聞こえていたので、音はカットしてあります。
10輛編成ですが、1編成分は惰行しそうです。
posted by よしひろ at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 客車

2021年03月10日

惰行

客車10輛を牽いた際の惰行を確認してみました。
12V印加で走らせ、途中で電源をOFFにしてみてどれほど惰行するのかの確認です。
1輛分も惰行しませんね。
実物換算100km/h程度で走っていますが、実物の急ブレーキよりも早く止まってしまいます。
小さな模型では、慣性が非常に小さいので、物理的に惰行を実現するのは困難です。
誤ってマニュアルフォーカスの設定にしたまま撮影したのでピントが合っていないのはご容赦のほど。
posted by よしひろ at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 蒸気機関車製作

2021年03月08日

踏面接触位置

輪軸踏面に赤色の油性マーカを塗り、1時間ほどR732曲線で走らせて、踏面のどのあたりでレールと接触しているのか確認しました。
円弧踏面台車.jpg
円弧踏面の輪軸を付けた台車です。
進行方向は左です。
上が曲線の外側です。
アタック角が生じ、前側の輪軸は曲線の外側(写真上側)に寄って走ったため、上の車輪の踏面はフィレット付近、下の車輪は踏面の外側にレールの痕跡があります。
後ろ側(写真右側)の輪軸の中心はレールとレールの中心より若干曲線の内側(写真下側)に寄っているように見えます。

円錐踏面台車.jpg
円錐踏面の輪軸を付けた台車です。
進行方向は左です。
上が曲線の外側です。
アタック角が生じ、前側の輪軸は曲線の外側(写真上側)に寄って走ったため、上の車輪の踏面はフィレット付近、下の車輪は踏面の外側にレールの痕跡があります。
後ろ側(写真右側)の輪軸の中心はレールとレールのほぼ中心と一致しているように見えます。
円弧踏面.jpg
円弧踏面の曲線外側に寄っている車輪のレールの痕跡です。
ほぼフィレットのみに痕跡があるように見えますが、若干フランジの根元あたりまでレールが接触しているようにも見えます。
円錐踏面.jpg
円錐踏面の曲線外側に寄っている車輪のレールの痕跡です。
痕跡はフィレットと踏面のフィレット寄りにあるように見えます。
フランジの根元あたりまでレールが接触しているようにも見えます。
posted by よしひろ at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 輪軸