2024年01月08日

9600蒸機機関車製作中

製作中の9600蒸機機関車本体の塗装を行いました。
運転室内はまだできていません。
本体塗装.jpg
下回りと炭水車はトビカ トップガードを直接塗りましたが、今回は下塗りにニッペ パワーバインドを塗った後にトビカ トップガードを塗りました。
煙室部分はつや消しにしないといけないのですが、マスキングが面倒なので、どうしようか迷っています。
窓枠は、ハンブロールのエナメルを筆塗りしましたが、ムラがでてしまいました。
特定番号機ではなく、パイピングも細かいところまでは作り込んでいません。
posted by よしひろ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蒸気機関車製作

2023年12月15日

C11低速運転

C11のモータを直径が1mm大きいものに付け替え、低速走行がどうなるか試してみました。

とりあえず、0.31Vでも動いたのですが、途中で止まったり不安定なため、0.35Vで映像を撮影しています。
3cmの区間を二十数秒で走る事ができています。
負荷変動があるようで、電流が変化しています。
たまに0.02A程度に落ちて止まることがあり、集電ブラシの集電不良ではないかと指定しています。
低速コンテストでは3秒以上車輛が停止すると失格になるのですが、もしかすると、止まったと判断されそうなところが見受けられます。
走らせる度に微妙に走行状態が変化し、安定性はまだまだです。
動輪の軸受けと台枠に微妙な隙間があり、軸受けの位置によって微妙に動輪を回す負荷が変化しているのではないかと考えています。
その隙間は0.1mm未満と思われますが、何とかして隙間を詰めて、もっと安定した走りにしたいと思います。

9600にもこのモータを入れようと思ったのですが、長すぎて入らないので、こちらは一旦保留にしました。

posted by よしひろ at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 蒸気機関車製作

2023年12月03日

9600蒸機機関車 低速運転2

ModelIMON製の9600蒸機機関車の下回りがほぼ組み上がりましたので、上回りを取り付けてどの程度の低速運転ができるのか確認してみました。
約0.8Vで走るのが限界のようです。

サイドロッドだけ付いた下回りの場合、3cmを約6秒で走れましたが、その他ロッドやバルブギアが付き、上回りも付いた状態では、3cmの走行に約5秒しかかからなくなってしまいました。

集電ブラシ.jpg
集電ブラシは厚みが0.1mmなので摩耗した場合にちょっと心許ないため、0.1mmの銀板を張り付けました。
少しでも集電が改善されることを期待して絶縁側は、糸鋸で集電ブラシの先に切り込みを入れ、左右に分けて2点で接触できるようにしいます。
本当はもっと奥まで切り込みを入れたかったのですが、集電ブラシの幅が0.7mmしかなく、糸鋸で切る時に曲がってしまうので、この辺までしか切れませんでした。
posted by よしひろ at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 蒸気機関車製作

2023年11月02日

9600蒸機機関車製作中

ModelsIMONの9600のキットを製作中です。
特定番号機ではなく、ほぼ素組みにするつもりです。

下回り組立中.jpg
下回りはこのあたりで中断しています。
スライドバーの薄いのは何とかならないのでしょうかね。
1/80 16.5mmゲージですと横幅の制限があるので仕方がないと思いますが、これは1/87 12mmゲージで輪軸の外幅寸がほぼスケール通りですので、スライドバーの厚みも、もう少しスケールに近付けてもらいたいものです。

上回り組立中.jpg
上回りはこんな感じです。
ランボードのディテールを付けてからボイラに付けようと思っていたのですが、細かいものが付いていると凸状になっているランボードを真っ直ぐ付けにくそうだったので、先にランボードを取り付けました。
火室の下あたりにキサゲ痕がありますが、最初に取り付け失敗した部品を外す際に余計なところまで半田が付いてしまったためです。
タグ:蒸機機関車
posted by よしひろ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 蒸気機関車製作

2023年10月26日

9600蒸機機関車 低速運転

ModelsIMONの9600蒸機機関車の主台枠はダイキャスト製のため、半田付け等無しで動輪を組み込むことができます。
主台枠を板金で組むのよりも精度は高くできていると思います。
ただ、台枠に動輪の軸受けを入れると、少々固くてイコライザで動かない状況でしたので、バローベのニードルやすり#6(日本の組やすりの油目よりも細かいもの)で台枠の軸受けが入る部分を前後それぞれ5回程度こすりました。
おそらく、0.03mm程度広くなったと思われます。
サイドロッドを付けて動輪を回してみると少し重い部分がありました。
通常の運転には差し支えない程度と思われますが、低速運転には大きく影響しますので、重くなる部分のロッドとロッドピンの隙間を確認し、ほとんど隙間がなくなっているところのロッドの穴を少し広げました。
これで、ほぼ、スムーズに回るようになりましたので、どの程度低速で走れるか確認してみました。


3cmを6秒程度で走ります。
メインロッド、バルブギアを取り付け、機関車本体を乗せた場合にどうなるかは分かりませんが、目標の10秒以上には到達できませんでした。
タグ:車輪 輪軸
posted by よしひろ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 蒸気機関車製作

2023年10月25日

9600蒸機機関車 低速回転

低速走行には動輪の直径が小さいほど有利です。
C11よりも動輪径が小さい9600が使えないかと考えました。
ModelsIMONの9600のギアボックスを組み立ててどの程度の回転数で回せるのか確認してみました。
使用している電源で低電圧を設定するのが難しいのですが、可能な限り低電圧に設定して回してみました。
それなりに低速で回転するようです。


アイドラ軸受.jpg
アイドラギアには外径2.5mmの玉軸受けを2個入れてあります。
効果のほどは不明です。
C11も同様にしてあります。
タグ:軸受 輪軸
posted by よしひろ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 蒸気機関車製作

2023年10月23日

JAM低速コンテスト過去結果

今後の参考のため、国際鉄道模型コンベンションで開催された低速コンテストの優勝結果を調べてみました。

開催年蒸機測定条件他条件
2015年車種別無24.24秒10cm12Vで実車の80%以上
2016年31.78秒69.13秒3cm12Vで実車の80%以上
2017年13.5秒21.54秒3cmスケール50km/h以上
2018年8.88秒86.56秒3cmスケール50km/h以上
2019年9.20秒33.44秒3cmスケール50km/h以上
2022年1.86秒2.38秒3cmスケール50km/h以上
2023年4.62秒4.78秒3cmスケール50km/h以上

2015年、2016年は条件が異なるのであまり参考にはできませんが、東京オリンピックで中止された後の2022年以降の結果は低調であることが分かります。(そのおかげで2022年は私のC11が優勝できました)
2018年の蒸機機関車以外の部門の結果は突出しています。(どんな動力なのか興味のあるところです)
蒸機機関車部門であれば20秒を超えられれば良い結果となる可能性が高いと思われます。

posted by よしひろ at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2023年10月20日

低速運転

無負荷での結果が良かったので、車体を取り付けて線路で走らせてみました。
一応、0.35V程度で動き出すのですが、集電の問題か、途中で止まることが多かったので、約0.4Vで走らせてみました。
黄色いマスキングテープの幅が3cmです。
電圧計も撮影したつもりだったのですが、文字のところが欠落してしまって読めませんね。
電圧は400mV(0.4V)弱を表示していました。
映像で確認する限り、3cmを16秒で走っています。
一応、目標は達成できていますが、集電を含め不安定なところもあり、現地で充分な成果が出ない可能性もあり、もう少し安定した走りにならないか調整したいと思います。


映像のピントが機関車ではなく背景に合ってしまっていますね。。。
タグ:測定
posted by よしひろ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 蒸気機関車製作

低速回転2

JAMの低速コンテストで、3cmを10秒以上で走れる車輛を目指して調整を進めました。
前回は約0.34Vで動輪が回っていましたが、今回は約半分の約0.17Vで回るようになりました。
まだ、回転ムラがありますが、これ以上の調整は困難かもしれません。
約3分30秒で動輪が2回転しているので、この回転数で走ったら、3cmを100秒ほどで走ることになります。
実際には車体を乗せて、集電もありますからそんなに遅く走れないと思いますが、3cmを10秒以上で走ることは期待できるかもしれません。


タグ:車輪 輪軸
posted by よしひろ at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 蒸気機関車製作

2023年10月14日

低速回転

JAMの低速コンテストで、3cmを10秒以上で走れる車輛を目指して調整しています。
ある程度低速に回転できるようになったのですが、一部で回転の重いところを無くすことができていません。
この回転数で走ったら、3cmを6秒ほどで走ってしまうので、目標を達成できません。

無負荷で動輪を回転させていますので、車体を乗せて線路で走らせると状態は変ると思いますが、無負荷の状態でできるだけ安定した回転にしたいと思っています。
この程度(0.35V)の電圧になるとモータのトルクが弱いのでちょっとした状態の変化が回転へ影響します。
分解して再度組み立てた場合でもかなり調子が変ります。
posted by よしひろ at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 蒸気機関車製作