2020年08月02日

駆動方式の検討

今回、1条ウォームで動輪からの回転ができるようにしましたが、先人が動輪からの回転が可能な方式を考えられ、その模倣と検討により実現できたと思います。
記録として、その経緯を時系列で示します。
※稲葉さんからご指摘の件、追記しました
内容発表先名前(敬称略)備考
1947 7私の電車鐵道模型趣味松田恒久1984年井上豊氏のオートクラッチの元ネタ。
 1978頃 クラッチギア未発表内田利次(クラーケン)
雑誌等には未発表。
福原金属さんの会(7月)にてお披露目。
韓国製コピー製品あり。
工業生産向きの構造で、確実に動作する。
 1984 11押して動くとれいん大東孝司3条ウォームにより、動輪側から回転可能
 1984 12オートクラッチ鉄道模型趣味井上豊自動式クラッチ
 1987 ベアリング入り輪軸未発表森井義博車軸にボールベアリング入り
 1989 コースティングギア商品発売スパイクモデル
2条ウォーム 13mmゲージ用
進み角21°19'(設計値)
 19942私のC51超特急とれいん森井義博
ウォームホイール内オートクラッチとベアリング入り輪軸。
クラッチは、Canon F-1の巻き上げレバーのクラッチ構造を参考に双方向にクラッチが効くようにして製作。
製作が非常に面倒なため、製作は1回のみ。
200g程度の車輛では輪軸にボールベアリングを入れたものよりも良く調整されたピボットの方が軽く回る。
クラッチ.jpgベアリング車輪.jpg
 1994 5C51
Super Superb Line
商品発売カツミ
2条コースティングギア内蔵
進み角約18°(実測)
動輪側から回転するが重かった。
 1999 6C622鉄道模型趣味森井義博ギアヘッド付モータと平ギア、スパイラルギアによる駆動。
動力装置の体積が大きいことと、スパイクモデルのコースティングギアと比べて動輪側からの回転は軽くなかった。
 2001 3条ウォーム 森井義博
2条でウォームを製作できる会社を見つけられず、3条で試作。特に問題なし。
2015 1条ウォーム(進み角20°) 森井義博
1条ウォームで動輪側から回転可能な歯車を作製。
歯底径は設計値0.17mmであるが、加工中に折れるため、0.77mmで製作。
ホイール歯の先端をウォーム歯底径が大きくなった分切削。
動輪側から回すと時々引っかかりあり。
2018 2条ウォーム(進み角30°) 森井義博
特に問題なし。
但し、無負荷回転数が12Vで4000〜5000rpmのコアレスモータが必要であるが適当なものが見つからない。
2019 1条ウォーム(進み角20°) 森井義博
1条ウォームで動輪側から回転可能な歯車を作製。
歯底径は設計値0.17mmであるが、加工中に折れるため、0.64mmで製作。
ホイールはウォーム歯底径が大きくなる分、歯を転位して外径を小さくした。
特に問題なし。
posted by よしひろ at 02:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 蒸気機関車製作