2021年01月13日

踏面形状4

何とか1軸分だけ踏面の切削ができました。(何軸も無駄にしました)
フィレットの近くまで削れましたが、若干元の踏面が残っていますが、とりあえずこれで試験をしました。
踏面を曲面に切削→曲面踏面→通常踏面→踏面を曲面に切削→曲面踏面→通常踏面の順に走らせています。
踏面が曲面になった輪軸は、分岐器を走りきりますが、通常踏面の輪軸は、曲線で若干斜めになり途中で止まってしまいました。
踏面を曲面に切削した輪軸と通常の輪軸との違いは、ほぼ踏面形状のみと考えられます。
そのことから曲面踏面の輪軸の方が曲線通過の負荷が少ないと言えるでしょう。
もしかしたら、レールに乗っている部分の踏面角の影響という可能性もあります。
(以前にも踏面角で摩擦が変わるかの試験を行いましたが、踏面角変更の試験をするには何十軸かの輪軸を試験用に作らないといけないので二の足を踏みます)
それから、無論、車輛に組み込んだ際の影響についてはここでは考慮できていません。
踏面形状.jpg
 写真の左が既存の輪軸、右が踏面を切削した輪軸です。
フィレットの端まで削りたかったのですが、若干元の踏面部分が残っています。
フィレット、フランジはそのままです。
その他違いは、既存のは黒ニッケルめっきが施されていますが、切削した踏面は洋白そのままです。
細かく見れば、踏面の面荒さも異なると思いますが、そこまで条件を合わせることはできていません。
タグ:台車 輪軸
posted by よしひろ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 輪軸

踏面形状3

2種類の輪軸では条件が違いすぎるので、既製の輪軸の踏面を削って曲面の踏面形状を作ろうとしています。
これで、うまく走るようになれば、踏面を曲面にすることによって効果があることが確認できます。
車輪切削.jpg総型バイトを使用して削ろうとしているのですが、いくつか問題が発生しました。
・切削中に車輪が空転する
圧入強度が弱いのだと思いますが、切削負荷に負けてしまいます。
絶縁側は、車輪が手で抜けてしまいます。
・元のフィレットを残したいが、うまくいかない
この総型バイトはフィレット込みで作ってあるため、フィレットまで削れてしまいます。
うまく走る要因を確認するためにはフィレットは元のままにしておきたいのですが、うまくいきません。
・踏面ががたつく
切削中に車輪が空転するせいか、剛性が足りないせいか、踏面が綺麗に切削できません。
できれば輪軸の状態で踏面を削りたかったのですが、車輪を抜き、ヤトイを作って、それに固定して削るしかないのかもしれません。
タグ:台車 輪軸
posted by よしひろ at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 輪軸