2021年12月01日

KATOスロットレスモータ3

万力で磁気回路を補填することでモータの特性が改善されたので、外ヨークを付けてみたらどうなるか確認しました。
手元にあったΦ15の鉄の丸棒を削って外ヨークを作りました。
外ヨーク付.jpgΦ15の鉄の棒にモータに合うように丸穴を開けて外ヨークにしました。
KATO GM3スロットレスST特性3.png
万力で磁気回路を補填したよりも特性が良くなりました。
このことから、KATOのスロットレスモータの外側の鉄板は薄すぎるのではないかということが結論づけられると思います。
posted by よしひろ at 23:15| Comment(1) | TrackBack(0) | モータ

KATOスロットレスモータ2

KATOのスロットレスモータの特性が芳しくありませんでしたが、外側の鉄板が薄く、磁気回路の問題もあると考えました。
特性測定の際に、磁気回路への影響を考慮し、木材を間に挟んで万力で固定していましたが、磁石の両側を直接万力で挟んでみました。
万力1.jpg万力.jpg左がモータの磁気回路に影響が出ないようにするための固定方法。右が万力の鉄部分でも磁気回路を形成するようにした固定方法。
KATO GM3スロットレスST特性2.png
 モータの特性を測定すると、万力で磁気回路を形成した方は、GM-3モータよりもトルクによる回転数の変化が少なくなります。
一般的にトルクによる回転数の変化が少ないほど性能が優れていると考えられます。
回転数は、巻き線仕様で変えることができます。
おそらく、KATOのスロットレスモータの外側の鉄板が薄すぎて磁石の性能を生かし切れていないのではないかと思います。
鉄板を厚くし、磁石を薄くした方が性能が良くなるように思います。
posted by よしひろ at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | モータ

KATOスロットレスモータ

KATOのスロットレスモータを入手しましたので、どのようなものか確認しました。
既に9mmゲージでモータの換装をされている方のレポートが出ていて好結果が得られているようです。
比較.jpg
従来のGM-3モータとの比較です。
右がスロットレスモータです。
磁石はかなり厚いものが使用されていて、強力です。
近くに鉄等の磁性体はあると、強くくっついてしまいます。
ただ、モータ外側の鉄板がかなり薄く、物理的な強度が弱いです。
また、外側の鉄板はモータとしての磁気回路の一部のはずで、より強力な磁石を使用して、薄い磁性体にしたために磁気飽和を起こさないのか気になります。
磁石の側面を鉄板が被っているのも気になります。
コギングは全くありません。
スロットレス.jpg
外側の鉄板が弱いので、簡単に分解できてしまいます。
また、何故かGM-3と比べてフライホイールの圧入が弱く、途中までは手で力を加えただけで動き、プーリ抜きを使用せずに抜けてしまいました。
このモータは、GM-3と同様、3極モータです。
KATO GM3スロットレス電圧特性.png
電圧ー回転数特性を測定しました。
GM-3モータとさほど変わらないようです。
KATO GM3スロットレスST特性.png
回転数ートルク特性を測定しました。
期待に反して、スロットレスモータはモータとしての特性が一番悪いという結果でした。
測定結果が良くなかったので、もう一個測定しましたが、左グラフの通り、同じような結果でした。
スロットレスモータには大いに期待していたのですが、大きく強力な磁石を使用しているにもかかわらず、トルク特性が従来よりも悪く、期待外れでした。
もし、スロットレスモータではこの程度の特性しか出せないのであれば、過去にあったとされるスロットレスモータが消滅していったのも頷けます。
また、外側の鉄板の薄さについても、設計に疑問を持ちました。
外側から指で力を加えると簡単に歪んでしまうのは、いかがなものかと思います。
タグ:測定 巻線
posted by よしひろ at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | モータ