2022年01月01日

連結器の大きさ

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

所属クラブに昨日からのzoomによる年越し運転会にて連結器の大きさについて話題になっていました。
先日よりKadee#705の改造を行っていますが、市販の連結器は日本の連結器の縮尺の大きさに合っているのか確認してみました。
連結器大きさs.jpg柴田式連結器(AB5122)の図面を1/87にしたものと、模型の連結器の写真と重ね合わせて寸法を見てみました。
柴田式連結器の1/87と寸法が一番近いのは、SergentのSharon式連結器でした。
IMONカプラーは1/87よりも若干大きいようで、1/80としては少し小さいようです。
Kadeeの "Scale" Metal Couplerは日本の柴田式の1/87よりもかなり大きいです。
Sergentの連結器もアメリカの連結器の模型ですが、Kadeeのはそれよりもかなり大きく作られていて、実用優先なのでしょうか。
Kadee#5は、古いものなので、かなり大きいです。
一方、最近本線用として改造を行っているKadee705は、本線用としては少々小さいみたいです。
タグ:カプラー
posted by よしひろ at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 連結器