2022年07月03日

牽引負荷測定

クラブの運転会で新しく作成した牽引力測定車を使用して列車の牽引負荷を測定しました。
 
12mmゲージはレイアウトのモジュールの下をかさ上げして約2%の勾配を作りました。
16.5mmゲージは平坦地のエンドレスです。
 2%勾配.png
レイアウトを約2周分測定しました。
元データのばらつきが大きいため、移動平均を表示してあります。
牽引力測定車は機関車の次位に連結しているため、牽引負荷は傾きの増減より遅れて増減しています。
牽引負荷はほぼ傾きに比例して変化している事が分かります。
下り勾配では、少し列車が機関車を押しているため、負荷の値がマイナスになっています。
グラフから勾配0%での負荷は約10gfと推定されます。
勾配2.2%程度で約20gf、勾配ー2%程度で自然落下していますので、この列車は自重の2%弱で輪軸が回っていると推定されます。
 アメリカ型.png
 エンドレスを約6周分測定しています。
同じく元データのばらつきが大きいため、移動平均を表示してあります。
故意に勾配を付けてはいませんが、机の高さの不揃いのため、1%程度の勾配が付いているようです。
こちらも、勾配にほぼ比例した牽引負荷の変化となっています。
勾配0%で約15gfの負荷、勾配1%で約28gfの負荷ですので、この列車は自重の1%強の負荷で輪軸が回っていると推定されます。
posted by よしひろ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 運転会

運転会

2022年7月2,3日に私の所属するクラブの運転会がありました。
私は2日午前中は合同運転会の打ち合わせで午後から参加しました。
日中の移動は非常に熱かったです。
運転会.jpg
私の12mmゲージのレイアウトを広げ、その内側に16.5mmの線路を展開しています。
横には10.5mm、16.5mm、12mm、9mm、6.5mmのマルチゲージのエンドレスが展開されています。
塗装はまだですが最近作製したC11蒸気機関車を列車の補機として走らせるつもりでした。
このC11は直線上は1.2V位から快調に走ってくれるのですが、曲線に入った途端ショートして動きませんでした。
他の方に完成品を持ってきていただいたのですが、さすがにこちらは全くショートせず、問題なく走りました。
12mmのレイアウトはこの前作製した新しいモジュールは問題なく動いたのですが、古いモジュールはポイントのゲージが狭いのではないかとか、接触が悪いとか、いくつか問題が発覚しました。
ポイントはハンドスパイクで作ってあるのですが、トングレール近辺の基本レールはスペースがないのでスパイクは片側だけしか打っていないので、レールが内側にずれてきたようです。
また、ポイントの切り替え時の電気接点はポイントマシンの保持接点を使っていると思っていたのですが、一部のモジュールで、トングレールの接触に頼っている事が発覚してしまいました。
過去26年間大きな問題になっていなかったので気づいていませんでした。
このレイアウトは8月のJAMに持って行く予定なのですが、メンテナンスできるか微妙なところです。
posted by よしひろ at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 運転会