2014年06月23日

スピーカ

スピーカ.JPG蒸気機関車の音用にスピーカを購入しましたので、エンクロージャを作ってみました。
炭水車にスピーカを入れるのですが、内部にイコライザを仕込む関係上、場所が取れなくて、Φ18の小さなスピーカを選択しました。
一応、1W、250〜20000Hzという仕様なので期待していました。
実際に音を聞いてみると、小さい径の割には低音も出ているようなのですが、Φ28のスピーカと聞き比べると、断然音が小さいのが残念でした。
また、エンクロージャを使うと、高音は音が大きく聞こえるのですが、低音が小さくなる感じでした。
もっと大きなエンクロージャが必要なのかもしれませんし、炭水車の空間をエンクロージャとして使用するような工夫が必要と感じました。

テストをしていて、サウンドデコーダを3個壊してしまいました。
原因は、サウンドデコーダの銅線をむき出しのままワニ口クリップで接続していたため、線が動いてショートしてしまったようです。普通なら1個壊した時点で対策するのでしょうけど、面倒くさがりの私は、失敗を繰り返してしまいました。
posted by よしひろ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 蒸気機関車製作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100299216

この記事へのトラックバック