2015年02月28日

パワーパック

私も電流計付の小さなパワーパックが欲しかったので、真似て作ってみました。
左の赤表示が電圧、右の青表示が電流です。撮影のために100Ωの抵抗3本を並列に繋いでいます。
抵抗値は、100/3Ω、電圧が10Vですので、0.3Aという電流値は計算と合っています。
使用したストロベリーリナックスのLT3081 スーパーLDOレギュレータ・モジュールはゆうえんさんのblogの記述にもあるとおり、電流モニタ端子から、1Aが2Vとして出力されます。
LT3081は、電流に比例した電流を電流モニタ端子に流す(IOUT/5000 A)仕様となっており、モジュールには10kΩの抵抗が付いています。
ゆうえんさんのblogには改造の詳細は書かれていなかったのですが、1Aが1Vになるようにするには、5kΩの抵抗にすれば良いので、電流モニタ端子とGNDの間に10kΩの抵抗を並列に半田付けして5kΩを実現しました。
なお、定電流基準でコントロールしているためなのどうかは不明ですが、流れる電流によってわずかに電圧が変動します。(アナログ電圧計なら分からない位小さな変動ですが。)

posted by よしひろ at 21:23| Comment(2) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
1Aを1Vにするのは、よしひろさんの方法のとおりです。

ところがその方法では、アナログテスターを直列につないでみると多少値がずれるような感じがあります。原因がよくわかりません。

よしひろさんのところでは、値は正確ですか?
Posted by ゆうえん・こうじ at 2015年03月03日 14:34
アナログテスターは、今、手元になく、手持ちのデジタルテスターは、0.1A単位でしか測定できないので正確なことはわからないのですが、小さい電流値の時に誤差が大きいような気がします。
デジタル電圧計の精度が、2%+2d
電流測定用の抵抗の精度はおそらく5%
ICの規格書では、IMON Scale Factor 100mA以上、1.5A以下で200μA/Aでかつ、1.5A時に最大10%の誤差
ですから、0.1A未満の電流での表示精度は、0.03A程度のずれなら許容範囲だと思います。
Posted by 森井 義博 at 2015年03月03日 23:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114415967

この記事へのトラックバック