2019年11月25日

C53歩ミ板支え

歩み板(前部)を支える金具を取り付けました。
歩み板.jpg
 歩み板そのものではなく、歩み板を取り付けるための金具です。
実物は主にアングルで構成されていますが、これは、0.2mmの板です。
変色しているには、半田を流すためにバーナで炙ったためです。
汽笛を取り付けるための板を火室前の凹みに取り付けました。
歩み板2.jpg
裏は結構半田でごてごてです。
外から見えず、ある程度強度が必要な箇所は、半田を多めに付け、キサゲはあまりしません。
歩み板を取り付けるための金具は、実物のアングルのある位置でアングル状に曲げてあります。
0.2mmの洋白板ですが、アングル状になっているため、結構丈夫です。
火室の前部には補強のための板を付けてあります。
煙室下の四角い板には、M2.0 のねじを切り、先台車のセンターピンをねじ込み、上下の固定用にする予定です。
タグ:機関車部品
posted by よしひろ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 蒸気機関車製作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186844308

この記事へのトラックバック