2019年12月01日

C53パーツ取り付け

歩ミ板上、およびその近辺のパーツを取り付けました。
左.jpg
動力逆転機と油ポンプ箱が接触しています。
京都鉄道博物館のC5345の場合、動力逆転機と油ポンプ箱との間には数cmほどの隙間があります。
ロストワックスの誤差等もありますので、接触しても取り付けられれば良いとすべきかもしれません。
右.jpg
 反射板ハンドルと油ポンプ箱の間隔が狭いので、反射板ハンドルはあまり回せない状態です。
一応、図面から算出した寸法で配置していて、古い写真を見るとこのように狭いものもあります。
京都鉄道博物館のC5345の場合、油ポンプ箱が少し前に寄っているのと、反射板ハンドルの長さが短めになっているようです。
posted by よしひろ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 蒸気機関車製作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186871296

この記事へのトラックバック