2020年02月01日

C53炭水車

C53に付けられた炭水車には三種類あります。
オリジナルは12-17炭水車ですが、D50の20立方米炭水車に振替えられたものが有り、20立方米炭水車は前期と後期の型があります。
炭水車.JPG
写真右上が17立方米水槽の12-17炭水車です。
右下が後期型の20立方米炭水車で、外形は12-17炭水車とほぼ同じです。名古屋所属のC53に付いていました。
左上が前期型の20立方米炭水車です。
左下は前期型の20立方米炭水車ですが、明石の増炭板を付けた形となります。
今回製作中のC5333は、左下の形の炭水車が付きます。
2段エッチングで上下側板の段差を表現しています
タグ:炭水車
posted by よしひろ at 00:58| Comment(8) | TrackBack(0) | 蒸気機関車製作
この記事へのコメント
よしひろ様。2013/12/25のS05ネジにコメントというよりご相談を書かせて頂きました。是非御一読お願い致します。
Posted by H.H at 2020年02月03日 23:58
よしひろ様。ネジの部のご回答有り難うございました。やはり、自作するしかないようですが、このくらいの大きさの部品は、私の持っているライヴ用のマイフオードでは、大きすぎて無理のような気がします。皆様は、何か時計用の旋盤等をお持ちなのでしょうか?或いは、ML210位のでも、1ミリ位の単位の物は製作出来るのでしょうか?初歩的な事で申し訳ありませんが教えていただけますでしょうか?
Posted by ハラダヒロミ at 2020年02月05日 13:45
原田様
旋盤の場合、大は小を兼ねると思いますので、マイフオードをお持ちなら、小さなねじ位なら切削できるのではないでしょうか。
ただ、小さいものをつかむチャックと、小さめのバイトは必要になるかもしれません。
ML210では1mm位のものは削れますが、大きいものは削れません。
マイフォードをお使いですと、ML210は剛性が無く精度の悪い旋盤と感じられると思います。
時計旋盤は、新品ですと一式数百万円しますので、持っている人は少ないと思います。
Posted by 森井義博 at 2020年02月05日 16:09
よしひろ様。
有り難うございます。挑戦してみます。
Posted by H.H at 2020年02月05日 23:02
> 時計旋盤は、新品ですと一式数百万円しますので
新品はそうなんですが、中古が 10 万円から 30 万円くらいで手に入ります。ただ、これは精度が命なので、時計用部品屋さんでたまに出るものを丹念に探して、確認するというのが非常に手間ですね :-<
# まあ、それも趣味のうちですけど...

ネットで売ってるものは、私の知り合いの限られた経験ですが、「うーむ」というものだったようです。

で、時計旋盤は買っても、普通の旋盤のようにはネジは削れません。(連動機構がないため) だから、そう
いうことしたくって、剛性もというんなら corwells
の方が宜しいのでは?
Posted by 稲葉 清高 at 2020年02月07日 14:56
よしひろ様、稲葉様。
コメント有り難うございます。
取り敢えず、マイフォードで何とかならないか思案してみます。ネジ切りは、1/16のダイスはあるので、問題は珊瑚のクランクピンと同寸法に切削する技術が無いことなのです。珊瑚のクランクピンは一番太い所で2ミリなので私の技術では、そこに1,6や1ミリの切削を加えることが残念ですが、ままならないのです。どうしても、線材を曲げてしまうのです。
Posted by H.H at 2020年02月08日 01:17
φ2程度の太さがあれば曲がった経験はありません。
私の旋盤はモータの出力が小さいので、切削負荷にモータが負けます。
私の旋盤では、一回の切り込みは快削真鍮なら最大でも0.15mm、快削ステンレスでは0.1mm以下です。
φ2をφ1.6に削るのなら、少なくとも2回削って所定の寸法に仕上げることになります。
軸方向の送りは、私の旋盤には自動送り装置が無いので、切粉の加減を見ながら手動で送っています。
それから被切削物は、なるべくチャックに近い位置で削るようにしています。
長いものですと、回転センタで押えることもあります。
バイトは、私には適切に研ぐ技術が無いので市販のチップのバイトを使用しています。
Posted by 森井義博 at 2020年02月08日 11:41
よしひろ様。
そうなんですね。少々私の経験と技術がふそくしているようです。仰るようにやって、駄目でも何回も挑戦してみます。有り難うございました。出来上がったら、御迷惑でしょうが、コメント欄にご報告させて下さい。
Posted by H.H at 2020年02月08日 12:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187106886

この記事へのトラックバック