2020年02月09日

部品の切削

φ2の真鍮棒から段付きのピンを切削している映像です。
ピントが肝心の切削部分には合っていませんが、ご容赦のほど。
https://youtu.be/YY0bpQTnYtg https://youtu.be/YY0bpQTnYtg
突っ切りの際に、穴に手で線を刺して受けています。(穴に指す前に軽くバリ取りをしています)
このような小さな機械ではそれほど危険ではありませんが、大きな機械ですと怪我をするので、このようなことは止めておくべきと思います。
タグ:機関車部品
posted by よしひろ at 17:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 蒸気機関車製作
この記事へのコメント
仕事でときどきやらされてます・・・
突っ切りのあと手で受け止める
Posted by にゃんこのおひげ! at 2020年02月09日 22:15
私は突っ切るとき回転しているチャックのそばに手を入れるのは恐ろしいので、チャックの下のベッド上にプラケースの蓋を置いて、受けています。
材料の穴に突っ込むときは、心押し台のドリルチャックにピンバイスで銜えた線材をドリルチャックにつかんで突っ込んで受けています。
Posted by ゆうえん・こうじ at 2020年02月10日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187140301

この記事へのトラックバック