2020年04月15日

C53運転室内機器

C53の運転室内は市販の部品で簡単に纏めようと思ったのですが、満足できずにいくつか作製しました。
加減弁ハンドル.JPG
加減弁ハンドルです。
右が今回作製の1/87用、
左はニワ製の1/80用です。
ニワのは何用なのか不明ですが、1/87用の方が長くて細いです。
逆転テコ.jpg
逆転ハンドルです。
右が今回作製の1/87用
左がニワの1/80用です。
今回作製の物は、運転室内塗装後に取り付けられる形状にしてあります。
ニワのは何用なのか不明ですが、大きさがかなり違います。
制動弁.jpg
制動弁(ブレーキ弁)です。
右が今回作製の1/87用
左が金岡工房の1/80用です。
右下のコックの向きが逆ですが、梅小路のC5343を見て作製したので、もしかしたら走行時はコックのハンドルが上向きなのが正解かもしれません。
これも、運転室内塗装後に取り付けられる形状にしてあります。
実際には細いパイピングがもっと沢山付いています。
一応、追加でパイピングを取り付けられる形状にはしています。
タグ:機関車部品
posted by よしひろ at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 蒸気機関車製作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187385500

この記事へのトラックバック