2020年12月19日

牽引力測定車

機関車の牽引力とか付随車の負荷を測る測定器です。
牽引力測定車.jpg
測定車自体は1997年に作製した物です。
フォースゲージに台車と連結器を付けたような物です。
フォースゲージが古いため、LCDの表示は故障していますが、メーカに問い合わせても古すぎて修理不能です。
測定精度は、50gと100gの錘で確認しましたが、約2%小さめになるようです。
幸い、RS232Cのシリアル通信は問題がありませんので、BlueToothで無線でPCと繋げるようにしました。(実は、このBluetooth RS-232C 変換アダプターは、クラブの人から借りて返却せずに何年も経過している物です)
アダプタと、電池をフォースゲージの上に乗せて走行中の負荷状態を無線で測れるようにしました。
横幅が広いので色々と制約はありますが、レイアウト上での列車の負荷が測定できるようになりました。
タグ:測定 牽引力
posted by よしひろ at 14:35| Comment(1) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
おお、すばらしい。遂に、牽引力測定車の無線化
ができましたね。 しかし、着工から何年経って
るんだろうねぇ ;-)

私の手元にあったときに、測定データは無線で飛ば
せることを確認したけど、たしか電源周りをまとめる
のが面倒になって眠ってたんだと思う。もう記憶も
定かじゃなくなってるな。
Posted by 稲葉 清高 at 2020年12月23日 13:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188232764

この記事へのトラックバック