2021年02月24日

踏面汚れ

円弧踏面の輪軸での計測で、測定の度に負荷が大きくなる件で、踏面の状態がどうなっているのか確認してみました。
車輪の踏面に何か付着していますので、これが無くなれば安定した負荷となると思われます。
なお、これらの輪軸には電流は流れていません。
洋白よりステンレスの方が摩擦係数が小さいとのことなので、円弧踏面の車輪はステンレスにしましたが、走らせて異物が付着することを考えると、洋白のレールには洋白のタイヤの方が良いのかもしれません。
台車踏面.jpg
1輛目の前側の台車です。
左が進行方向です。
走行中はセンターピンを中心に少し反時計回りの方向に回転した状態で走ります。
踏面左上.jpg

踏面左下.jpg
進行方向側の踏面です。
上の車輪は線路の曲線の外側のレールを走ります。
下の車輪は線路の曲線の内側のレールを走ります。
レールと当たっていると思われる箇所には、何か付着しています。
曲線外側の車輪はフィレットの近くでレールと接しているようです。
線路のレール間中心よりも輪軸中心が線路曲線の外側の位置で車輪とレールが接しているようです。
踏面右上.jpg
踏面右下.jpg
 
進行方向反対側の踏面です。
上の車輪は線路の曲線の外側のレールを走ります。
下の車輪は線路の曲線の内側のレールを走ります。
レールと当たっていると思われる箇所には、何か付着しています。
曲線外側の車輪はあまり汚れていないようですが、輪軸中心と線路のレール間中心がほぼ一致した位置で車輪とレールが接しているようです。
台車踏面b.jpg既存の円錐踏面の輪軸(新品)を付けて5時間ほど走らせてみました。
踏面左上b.jpg

踏面左下b.jpg
 
進行方向側の踏面です。
上の車輪は線路の曲線の外側のレールを走ります。
下の車輪は線路の曲線の内側のレールを走ります。
円弧踏面のものと異なり、曲線外側の車輪はレールの外と内が主に当り、踏面全体もレールに当たっているように見えます。
曲線内側の車輪は少し外側でレールと接しているようで、黒めっきが薄くなっているようです。
踏面右上b.jpg

踏面右下b.jpg
 
進行方向反対側の踏面です。
上の車輪は線路の曲線の外側のレールを走ります。
下の車輪は線路の曲線の内側のレールを走ります。
この輪軸は左右対称でレールに当たっているようですが、円弧踏面よりも割とレール頭部全体に当たっているように見えます。


posted by よしひろ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 客車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188431526

この記事へのトラックバック