2021年03月08日

踏面接触位置

輪軸踏面に赤色の油性マーカを塗り、1時間ほどR732曲線で走らせて、踏面のどのあたりでレールと接触しているのか確認しました。
円弧踏面台車.jpg
円弧踏面の輪軸を付けた台車です。
進行方向は左です。
上が曲線の外側です。
アタック角が生じ、前側の輪軸は曲線の外側(写真上側)に寄って走ったため、上の車輪の踏面はフィレット付近、下の車輪は踏面の外側にレールの痕跡があります。
後ろ側(写真右側)の輪軸の中心はレールとレールの中心より若干曲線の内側(写真下側)に寄っているように見えます。

円錐踏面台車.jpg
円錐踏面の輪軸を付けた台車です。
進行方向は左です。
上が曲線の外側です。
アタック角が生じ、前側の輪軸は曲線の外側(写真上側)に寄って走ったため、上の車輪の踏面はフィレット付近、下の車輪は踏面の外側にレールの痕跡があります。
後ろ側(写真右側)の輪軸の中心はレールとレールのほぼ中心と一致しているように見えます。
円弧踏面.jpg
円弧踏面の曲線外側に寄っている車輪のレールの痕跡です。
ほぼフィレットのみに痕跡があるように見えますが、若干フランジの根元あたりまでレールが接触しているようにも見えます。
円錐踏面.jpg
円錐踏面の曲線外側に寄っている車輪のレールの痕跡です。
痕跡はフィレットと踏面のフィレット寄りにあるように見えます。
フランジの根元あたりまでレールが接触しているようにも見えます。
posted by よしひろ at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 輪軸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188470901

この記事へのトラックバック