2022年06月09日

牽引力測定車作製4

12mm、16.5mmゲージ用の牽引力測定車ができました。
牽引力測定車4.jpgゲージは異なりますが、計測する内容は変わらず、多少のスケール違いにも依存しないので、台車回り以外はほぼ同じものです。
12mm用は全長は連結器間約22cmで、20m級の1/87より少し短いです。
16.5mm用は台車を避けるためにロードセルを少しずらしてある関係等で5mmほど長くなっています。
連結器はIMONカプラーを使用しています。
電源は単4電池2個直列にしてそのまま供給しています。
当初は5Vに昇圧してUSB経由とか、電池3本で3.3Vに減圧しての電源供給を考えていたのですが、ベースボードの電圧仕様を見ると、3.3V電源の許容範囲が3.0〜3.6Vと少し大きく、電池も(新品では)電圧が1.5Vよりも若干高そうなので、そのまま使うことにしました。
電池ボックスは、ON-OFFスイッチの付いたものを使用しています。
ベースボードには充電可能なリチウムイオンポリマー電池の端子がありますので、乾電池が消耗した際の予備としてこれが使えます。
タグ:測定 牽引力
posted by よしひろ at 09:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 電子工作
この記事へのコメント
Panasonic が Evolta の前に出してたオキシライド乾電池がいまだにあれば、初期の起電力が
0.1V 高かったからよかったんでしょうけどね :-) 日曜はオキシライドの名前が出てきませんで
した...
Posted by 稲葉 清高 at 2022年07月05日 12:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189589860

この記事へのトラックバック