2012年08月06日

S0.7六角ねじ

S07.JPGS0.7の六角頭のねじです。
(JISねじは通常M1.0とか表記をしますが、小さいねじは別の規格があって、S0.7といったような表記をします。)
S0.7のねじ自体、市販はほとんどありませんが、六角頭のものを特注しています。
普通の量産工程で作られるねじなので、切削品のようなシャープな六角頭にはなりませんが、それでも、結構良くできていると思います。

六角頭の平径は、0.9mmとしています。
M2.0の六角穴付き止めねじの六角穴をレンチにすることを目論んでいたのですが、出来上がった六角頭はわずかに大きいので、レンチを作る必要があります。

量産ねじなので、使い切れない程度の本数を作ることになるのですが、どなたか欲しい人はいらっしゃいますでしょうか。
posted by よしひろ at 00:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 部品
この記事へのコメント
はい、欲しいですねぇ...
ところで、出回っているミニチュアねじって S0.7 が多いようですが、わざわざ 2 欄から選ぶ理由って何なのでしょう? M1.7 と同様の歴史的理由なのでしょうか?

それと、色からして材質は SUS でしょうか?
Posted by 稲葉 清隆 at 2012年08月06日 10:11
一番最初に特注したねじは、1欄のS0.6でした。結構細いです。
実際にS0.8,S0.7,S0.6,S0.5を入手し、一種類だけ作るのなら、M1.0よりも細さを感じ、かつ、そんなに細すぎないというところで、M1.0の約1/√2のS0.7が適当かなという気になりました。
H5さんがS0.7を使用されていたことも影響していると思います。

材質は、洋白を希望したのですが、φ0.58線が必要とのことで、材料調達にかなりコストがかかるためSUS XM7になりました。
Posted by 森井 義博 at 2012年08月06日 22:56
こんにちは。
私も分けて頂きたいです。

0.7mmネジというとTuner Model Manufactoryと互換で便利そうですね。
ピッチは0.175mmでしょうか。

後ほどメールさせていただきます。
Posted by 中島 康博 at 2012年08月07日 12:08
> φ0.58線が必要とのことで、
伸銅屋に頼む話になるから 100kg 単位なんでしょうね ;-)

> ピッチは0.175mmでしょうか。
最近は JIS も閲覧だけなら internet で見れます。
http://kikakurui.com/b0/B0201-1973-01.html
にあるように、0.175mm ですね。

うーむ、前回は自分の名前なのに間違ってしまった...
Posted by 稲葉 清高 at 2012年08月08日 22:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57453837

この記事へのトラックバック