2013年03月19日

ロッドピン

C53_2.JPG動輪はこのような形になっています。
ロッドピンは実物のように十字の溝を掘ろうと考えたのですが、十字ドライバの溝に合わせると、溝の深さの微妙な違いにより、十字の大きさが異なってしまうため、深さに関係なく一定の大きさにできる、トルクス(ヘクスローブ)の穴にしました。
ロッドピンにΦ0.6の穴を開け、その穴の上からトルクスドライバのビットをハンマーで叩いて作成しています。
結構簡単にできるものです。
ちょっと見えている黒いブレーキは射出成型品です。
posted by よしひろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蒸気機関車製作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63807646

この記事へのトラックバック