2013年12月22日

C5343の形状

作成中のC5343なのですが、資料不足で詳細な形が分からないところが多くあります。
  • 右側(非公式側)の鮮明な写真はある程度あるのですが、左側(公式側)の鮮明な写真は見たことがありません。
  • 車体の上部を写した鮮明な写真を見たことがありません。
そのため、手元にある不鮮明な写真から推定して模型を作っています。
車体上部の安全弁付近ですが、これまでのC5343の模型では、C55流線型のように安全弁の頭が見えるように作られています。
しかし、実際はそうではなさそうです。
C55流線型の安全弁の位置はかなりかさ上げされていますが、元々普通の機関車であったC5343は短い改造期間で安全弁位置を変えるようなことはできなかったと思われます。
C5343写真.JPG左の写真は、プレスアイゼンバーンのC52・C53に載っている写真の一部を撮影したものですが、安全弁付近に丸い穴が開いている様に見えます。

C5343上.JPGそこで、模型も、車体の上部に丸い穴を開けました。
この中を覗けは、奥の方に安全弁が見えると思うのですが、寸法的にはかなり奥まった位置に安全弁があるはずなので、どのように模型化しようか検討中です。
posted by よしひろ at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 蒸気機関車製作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82942147

この記事へのトラックバック