2013年12月24日

プライヤ

今度はプライヤの話です。
金属加工をする際に曲げるのにペンチかプライヤを使いますが、学生の頃はラジオペンチを使用していました。
精度の良いプライヤが欲しくなり、購入したのがHOZAN P-51です。
HOZAN_PLIERS.JPG左の写真の下側がそれです。古い製品ですが、今でも販売されています。
上のは、HOZAN P-51の精度が気に入って追加購入したものです。こちらは、早々にカタログ落ちしています。

LINDSTROM_PLIERS.JPG細い丸プライヤを探していたら、大阪日本橋の五階百貨店にある大谷商店で、LINDSTROMのプライヤを見つけてしまいました。
非常に精度良くできており、いくつか買いそろえました。ロングノーズのプライヤもあったと思うのですが、HOZAN P-51を持っていたので購入していません。
それ以来、LINDSTROMの工具の虜になってしまいました。

最近購入したLINDSTROMの7893ですが、3000番台のと比べてしまうと使う気になりません。
LINDSTROM7893.JPGLINDSTROMの7000番台は、7490(ニッパ)も持っているのですが、あまり良いイメージはありません。

こちらは、日本製のツノダ TM-13です。
TSUNODA_TM-13.JPGこっちの方が、LINDSTROM7893よりも、私には出来が良いように思えます。
posted by よしひろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 工具
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/83032646

この記事へのトラックバック