2014年01月23日

サイドロッド

治具.JPGサイドロッドは、機械加工が必要なので少し躊躇していたのですが、このような簡単な治具を作って穴開けをしました。
サードロッドの一方の穴を治具のピンに挿し、もう一方の側の、少し凸になっているところを治具の穴に入れて位置決めをします。

サイドロッド.JPGロッドの穴の間隔はほぼ正確に開けられるのですが、残念ながら、ロッド自体の長さが不正確なので、穴がずれたようになります。
どちらも、センターから0.2mmほどずれています。
3D造型で原型を作りロストワックス鋳造してあります。
下側のロッドを先に作ったのですが、少し長かったので、0..5%縮小して3D造型で原型を作ったら、上側のように短くなりすぎました。
どうやら、下側の原型を作った時は、データよりも大きく造型され、下側を作った時はデータよりも小さく出来上がったようで、ロストワックスの縮みの誤差よりも、3D造型での誤差が影響しているようです。
どちらもNGですので、再度原型の作り直しです。
C53下まわり.JPGNGであはるものの、とりあえず今あるサイドロッドを取り付けてみました。
穴がずれているあたりは、メインロッドで隠れるので、あまり目立つことは無いようです。
posted by よしひろ at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 蒸気機関車製作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85775905

この記事へのトラックバック