2022年11月15日

ModelsIMONレンタルレイアウトでの牽引負荷測定

11月13日にKKCの集会があり、翌14日にModelsIMONのレンタルレイアウトをお借りしてHOJCの会員等が集まり運転会を行いました。
ModelsIMONのレンタルレイアウトには2%の勾配がありますので牽引力負荷試験を行いました。
C53で客車を牽引させたかったのですが、カーブの途中でショートしてしまい、一周できませんでしたので、C11に交代しました。
ModelsIMONのレンタルレイアウトは高架部分で止まってしまうと外からでは手が届かないので、復旧にかなり手間取ります。

 
測定の様子です。
登り勾配に入ったところに急曲線があり、負荷が非常に大きくなっているのが分かります。
C11客車7輛牽引負荷.png
C11でY氏の客車7輛を牽引し、勾配線を6周した牽引負荷の結果です。
勾配で負荷が非常に大きくなり、平坦区間に入ると負荷が減少、その後しばらく直線区間のため、負荷は少なくなります。
直線区間を過ぎると下り勾配になるため、負荷は負の値(客車が機関車を押している)になっています。
直線区間での負荷は平均で17gfですが、勾配での負荷の最大は66gfに達しています。
負荷が直線区間と比べて4倍近くになっていますが、2%勾配による負荷と急曲線による負荷が重なっているものと考えられます。
勾配の最大負荷を過ぎて負荷値が下がっていく途中に負荷が上下する場所がありますが、線路に列車の進行を阻害する何かがあるのでしょうかね。
posted by よしひろ at 14:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 運転会

2022年10月10日

牽引負荷測定(2022関東合同運転会にて)

2022年の関東合同運転会にて湘南鉄道模型クラブのH5氏の13mmゲージレイアウトにて貨車の牽引負荷を測定させていただきました。
合同運転会参加クラブのレイアウトに勾配のあるものは少ないのですが、H5氏の組み立て式レイアウトは非常に正確に勾配が作られています。
関東H5氏13mm.jpg
H5氏のレイアウト全景です。
JAMに出展されたものよりも小さいですが、それでも大きい部類に入ると思います。
勾配は1.7%で作られていたと思います。
 
牽引負荷測定の様子です。
最初はC11が牽引していたのですが、力不足で勾配の登りでスリップするため、勝瀬氏製作のEF63に牽いてもらいました。
EF63の牽引力は最大で200gfほどの値が計測されました。
 関東13mm負荷測定.png
負荷測定結果です。
レイアウト3周弱のデータです。
一応、勾配は測定していますが、値は怪しいです。(こんなに大きな勾配ではないし、同じ勾配でも測定値が大きく異なっています)
最大負荷は上り勾配で70gf弱です。
平坦部分で40gf弱です。
1.7%勾配部分での平坦部分からの負荷増加よりも平坦部分の負荷の方が大きくなっています。
下り勾配でも列車が機関車を押すことは無く(負荷がマイナスになっていない)、機関車が引っ張っています。
以上のことから、おそらく、平坦部分での負荷は貨車列車重量の2%程度あるものと思われます。

posted by よしひろ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 運転会

2022年10月02日

牽引負荷測定(2022大阪合同運転会にて)

2022年大阪の合同運転会において列車の負荷測定を行いました。
  測定の様子です。
速度測定用の車輛を牽引し、スケール速度で約60km/hの速度で走行した時の牽引負荷を測定しました。
 負荷測定.png
青色のグラフがC53単独で10輛編成の列車を牽引し、レイアウトを3周強回った時の負荷です。
勾配や曲線で牽引負荷が上下していますが平均で10gf程度でした。
列車の重量は1673gですので、重量の約0.6%が負荷となっているようです。
朱色のグラフは、C53が牽引し、列車の後からC11で押しています。
昭和10年前後の東山あたりで超特急燕に後補機としてC11が押していたのを想定しています。
牽引負荷は全体として負の値になっていますので、前のC53はほとんど牽引しておらず、後ろのC11が押しているということになります。
モータの特性からC11の速度の方が速く、完全な同調は難しそうです。
実物と同じように上り勾配であれば前のC53が軽く引っ張る形になるかもしれません。
posted by よしひろ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 運転会

2022年大阪合同運転会2日目

2022年大阪合同運転会の2日目に列車を走らせた映像です。
標準軌線路では南満州鉄道の特急列車が、
狭軌線路では、作りかけのC53の牽く超特急燕(東山付近のC11補機を想定)とD51の牽く二軸貨車34輛編成
が走っています。
posted by よしひろ at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 運転会

2022年10月01日

2022年大阪合同運転会

3年ぶりに大阪の合同運転会が開催されました。
hojc.jpg私の所属するHOJCのレイアウトです。
交友会.jpg私の所属する鉄道模型交友会のレイアウトです。
体育館.jpg2階の観覧席より見た体育館の様子です。
  井門さんが大夕張の編成を持ってこられましたので、走らせてみました。
タグ:レイアウト
posted by よしひろ at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 運転会

2022年07月03日

牽引負荷測定

クラブの運転会で新しく作成した牽引力測定車を使用して列車の牽引負荷を測定しました。
 
12mmゲージはレイアウトのモジュールの下をかさ上げして約2%の勾配を作りました。
16.5mmゲージは平坦地のエンドレスです。
 2%勾配.png
レイアウトを約2周分測定しました。
元データのばらつきが大きいため、移動平均を表示してあります。
牽引力測定車は機関車の次位に連結しているため、牽引負荷は傾きの増減より遅れて増減しています。
牽引負荷はほぼ傾きに比例して変化している事が分かります。
下り勾配では、少し列車が機関車を押しているため、負荷の値がマイナスになっています。
グラフから勾配0%での負荷は約10gfと推定されます。
勾配2.2%程度で約20gf、勾配ー2%程度で自然落下していますので、この列車は自重の2%弱で輪軸が回っていると推定されます。
 アメリカ型.png
 エンドレスを約6周分測定しています。
同じく元データのばらつきが大きいため、移動平均を表示してあります。
故意に勾配を付けてはいませんが、机の高さの不揃いのため、1%程度の勾配が付いているようです。
こちらも、勾配にほぼ比例した牽引負荷の変化となっています。
勾配0%で約15gfの負荷、勾配1%で約28gfの負荷ですので、この列車は自重の1%強の負荷で輪軸が回っていると推定されます。
posted by よしひろ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 運転会

運転会

2022年7月2,3日に私の所属するクラブの運転会がありました。
私は2日午前中は合同運転会の打ち合わせで午後から参加しました。
日中の移動は非常に熱かったです。
運転会.jpg
私の12mmゲージのレイアウトを広げ、その内側に16.5mmの線路を展開しています。
横には10.5mm、16.5mm、12mm、9mm、6.5mmのマルチゲージのエンドレスが展開されています。
塗装はまだですが最近作製したC11蒸気機関車を列車の補機として走らせるつもりでした。
このC11は直線上は1.2V位から快調に走ってくれるのですが、曲線に入った途端ショートして動きませんでした。
他の方に完成品を持ってきていただいたのですが、さすがにこちらは全くショートせず、問題なく走りました。
12mmのレイアウトはこの前作製した新しいモジュールは問題なく動いたのですが、古いモジュールはポイントのゲージが狭いのではないかとか、接触が悪いとか、いくつか問題が発覚しました。
ポイントはハンドスパイクで作ってあるのですが、トングレール近辺の基本レールはスペースがないのでスパイクは片側だけしか打っていないので、レールが内側にずれてきたようです。
また、ポイントの切り替え時の電気接点はポイントマシンの保持接点を使っていると思っていたのですが、一部のモジュールで、トングレールの接触に頼っている事が発覚してしまいました。
過去26年間大きな問題になっていなかったので気づいていませんでした。
このレイアウトは8月のJAMに持って行く予定なのですが、メンテナンスできるか微妙なところです。
posted by よしひろ at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 運転会

2021年10月31日

運転会

所属クラブの運転会があり約2年ぶりに私の組み立て式レイアウトを出しました。
運転会.jpg運転会の様子です。
 
会員の方がModelsIMON製20系客車15輛編成を持ってこられていたので、色々な機関車に牽かせてみました。
試験した全ての機関車は平坦部では15輛を牽くことができました。
映像の手前側は机の高さが少し高くなっており、約1%の勾配が付いています。
非力な機関車はこの勾配部分でスリップしていました。
タグ:測定 牽引力
posted by よしひろ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 運転会

2019年09月28日

'19鉄道模型大集合 in OSAKA

今日(2019/9/28)、明日は'19鉄道模型大集合inOSAKA(大阪合運)です。
数年ぶりに自分の車輛を自分のレイアウトで走らせました。
ずっと箱に入れたままで、注油とかはしていませんが、一応元気に動いてくれました。
ただ、貨物列車を牽いていたD51は、3時間ほど走ってリータンクランクのねじが外れてしまい、C12に交代となりました。

周囲の話し声も入っていますが気にしないでください。
タグ:合同運転会
posted by よしひろ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 運転会

2014年08月25日

自動解放カプラー

coupler.JPG今年は、出展者側としてJAMに参加しましたが、もっぱら他のところを見て回っておりました。
その中で気になったのが、この自動解放のカプラーです。
大きさはKadee5番相当で、DCCでの制御で自動解放できます。
仕掛けは、特許申請中とのことで教えてもらえませんでした。
この写真では、ナックルの下に何か付いていることしまわかりません。
ポケットをもっと小さくすることもできるそうで、Kadee711のポケットの大きさのものを出してくれると嬉しいです。
量産のために、安く作ってくれるところを探されているそうです。
タグ:カプラー
posted by よしひろ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 運転会

2010年10月11日

合同運転会

10月2,3日に大阪、9,10日に関東の合同運転会が開催されました。
大阪の合同運転会は毎年参加していますが、関東の合同運転会は4年ぶりの参加となりました。
大阪の方は年々高年齢化が進み、参加者も減少しているようですが、関東の方は比較的若い人も多く参加人数も増えているようです。
左が大阪合運の体育館、右が関東合運の体育館のレイアウトです。
gouun1.jpggouun.jpg 
posted by よしひろ at 12:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 運転会